2009年11月15日

民主党パフォーマンスの「事業仕分け」こそ「廃止」すべきでは?

データを定量的に示すべきは民主党の方では?



1時間で事業の何が分かり、何を定量的な根拠として廃止や予算削減しているんでしょう?

そもそも、民主党がばら撒こうとしている子供手当やら母子加算も、事業仕分けの対象として定量的なデータを出すべきでしょうね。

公開されている感を出して、パフォーマンスで国民を騙す手口を狙っているのは伝わってきます。


脱税の鳩山由紀夫首相はおいといて、小沢一郎幹事長の「外国人参政権、民団と約束。守らないと」というのも、その有用性を「約束したこと」ではなく、事業仕分け人が求めるレベルの定量的なデータで説明して欲しいものです。



自らのバラマキ政策は実行ありきでデータを明示せず、そのバラマキ財源を確保するための事業仕分けこそ廃止すべき!


posted by 韓流の輪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。